データー移行もスムーズに!携帯のガラス修理の流れを知りたい

携帯のガラスが割れると修理に出さなければなりません。しかし、中に入っているデーターが消えてしまわないか不安な面があります。そんな時にあらかじめ、ガラス修理の流れを知り前もって行っておくことがわかれば安心して、ガラス修理に出せると思います。

スムーズに元に戻して快適にまた使用するためにも知っておきましょう。

■ ガラスが割れて修理完了までの流れについて
携帯のガラスが割れてひびがひどい時は業者に頼むことになります。まず、各社を比較して条件面で一番良さそうな所を選びます。その後に、メールか電話で状況を伝えるといいでしょう。すると、業者が簡単な見積もりを出してくれますのでそれに納得したならば直接店に持って行くか、郵送で修理する携帯を送るか選択します。

近くに店舗がある時には持参でもいいですが、遠くにしかない場合には送ることを考えましょう。そして、業者が実際に携帯の状況を確認した上で、修理にかかる費用を改めて詳細に割り出してくれるので、それを見て改めて考え修理を任せるかどうか決めましょう。

ガラス修理が完了したら、店に持参した場合にはその場で確認等を行い、問題がなければ代金を支払います。郵送の場合には、返却後に確認をして不備がなければ支払いに移ります。郵送で送る時に注意すべきことは送料の問題です。送る時も返却の時も両方負担してくれる業者もありますが、どちらとも負担してくれない業者もあります。

もし、修理が不可能な場合にはこちらが送料を負担して返却になる可能性もあるようです。また、携帯を送って見積もりの合意が得られない時にも同様です。あらかじめそれらを確認しておき、後のトラブルにならないように気を付けましょう。

コメントを残す