すぐに使うものだから不安!携帯のガラス修理はどのくらい時間がかかるの?

今や携帯電話は一人一台の必需品になりました。どうしてもなくては困るものの一つに挙げられると思います。会社勤めの人にとっては尚更です。そんな携帯電話をおとしてガラスが割れた時に、程度にもよりますが画面全体にわたるひびの場合にはガラス修理を行わなければなりません。

しかし、何日もかかっては困ってしまいます。ガラス修理にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

■携帯のガラス修理にかかる時間について
今回は各携帯電話メーカーに修理依頼をした場合ではなく、一般の携帯の修理業者に依頼した場合にかかる時間について説明していきます。まず、ガラスにひびが入ってしまった状態のまま使い続けると、小さな破片によりけがをしてしまう危険性があります。

そして、表面のガラスだけではなく、徐々に広がっていって内部にある液晶にまで傷をつけてしまう事態になりかねません。それでもそのままにしておくと、液晶の隙間から本体の基盤にまで不純物が入ってしまい最悪の場合には、本体ごと取り替えなくてはならなくなる可能性もあります。

その際、データーのバックアップをとっていなかったら大事なデーターが復元できなくなりますので、気を付けましょう。携帯メーカーにガラス修理を依頼すると、本体ごと取り替える必要がありますが一般の修理業者の場合には割れたガラスだけを取り替えますので、データーが消える心配もありません。

ガラス修理は、内部にある素材によって時間が違ってきます。表面のガラスの交換とその中にある液晶の交換ですと、最短30分くらいで完了します。そして、一番奥にあるバックプレートですと、最短15分~60分くらいで状態によって時間が変わってきます。

最後に、表面のガラスと液晶を保護するミドルプレートの交換は最短40分で完了します。データー保護の面からも、ガラスだけを交換する方法を選択した方が安全だといえます。

コメントを残す