最近では携帯電話やスマートフォンなどの電子機器のガラスの部品の修理・トラブルの問い合わせが多いようなのでそこらへんの情報を中心に紹介をしていきたいと思います。

どんな携帯でも大丈夫?携帯のガラス修理ってどんなものが対象なの?

携帯電話を持っていて気を付けなければならないのが、携帯を落としたりぶつけてしまって、画面のガラスを割ってしまう事です。ガラスなのでひびが入り、場合によっては破片がガラスに付いたままということにもなりかねません。そのまま使っていて、手にガラス片が当たったり、中に入ったりすると危ないです。

携帯会社に持って行き、ガラス修理を依頼するのですがどんな携帯でも修理をしてくれ、特別な条件等はないのでしょうか。

引照⇒ガラス修理・交換を安心価格の年中無休|ガラス業者の生活トラブル救急車 http://xn--v9jtgob7ctdufdr0ld7628fmxwb0bo4ww6qd6y9aseeuv0m4cgpqr.com/glas/

■後悔しても遅い!携帯のガラス修理の落とし穴
トイレに行って、立ち上がる時にポケットに入れていた携帯がすり落ちて便器の中に入ってしまう経験をした人も少なくないようです。防水機能が付いた携帯ならば問題はありませんが、そうでない携帯の場合には本体自体がダメになってしまいます。

どんな携帯でも大丈夫?携帯のガラス修理ってどんなものが対象なの?

こうした時に、補償プランに加入していれば交換か修理の代金の補償があると考えがちですが修理の代金補償については、ガラス修理の時に発生するものであり本体全体が機能しなくなった場合には、適応されません。たとえ、地面に溜まった深い水たまり付近に携帯を落として画面が割れ、そのまま水たまりに入り携帯自体が作動しなくなったという事態でも補償金は出ません。

ガラス修理だけならば対応可能だったものが、水没により全損害扱いになってしまうためです。

■ガラス修理に対する業者の対応について
携帯を落とすなどして、ガラスを割ってしまった場合の補償プランは各携帯会社ごとに存在します。ガラス修理の場合には、補償対象外の故障という事になります。補償対象内との違いは、通常の携帯操作をしていて不具合が出たり、作動がおかしくなったりした時に無料で修理をしてくれるのが、補償対象内の修理です。

対象外の修理のガラス修理については、ほとんどのメーカーで補償限度額が決まっており上限5,250円までとなっています。しかし、永遠というわけではなく、購入時から3年以内の間のガラス修理を行ってもらえるのです。対象内とは違い、対象外についてはあらかじめ有料の補償サービスに加入して月々決まった金額を払っていっていないと、不慮のガラス修理の補償金額は発生しません。

車や生命保険等と同じく、携帯に今はなんの問題はなくとも、前もって少しづつ払っていかなければならないのです。ガラス修理というものは、予期した時よりも想定外の時とタイミングで起こることがほとんどだと思います。そうした時に、補償サービスに入っていないと大きな修理費用を負担しなくてはいけないということにもなりかねません。

サービスに加入していない場合には、約1万円のガラス修理の費用がかかります。よって加入した方がお得ですが、加入期間の3年間に支払う月々の掛け金は、約1万5千円です。こうして見ると、3回ガラス修理を行った場合には掛け金とつり合いますが、1~2回の場合には未加入の時よりも損をするか同じ金額を払うということになります。

そして、3年間払い続けたにも関わらずガラス修理を1度も行わなかった場合には、まるまる損ということになります。ところが加入しなくとも、落とさないし大丈夫だろうと考えていても、保証はできません。携帯は以前のように折り畳み式で、画面が守られている仕様ではなくなりました。

むき出しのガラス面になっている為に、落として地面にそのまま衝突する危険性が高まってきています。落として、入っておけばよかったと後悔するよりも加入しておいて不測の事態に備えましょう。

最新記事

できるだけ安く!携帯のガラス修理の相場はどれくらい?

携帯のガラス修理にかかる値段はどれくらいかかるものなのでしょうか。


Copyright© 2016年12月2日 家のガラスではなく携帯電話・スマートフォン等のガラス部品の修理方法のまとめ
http://www.reku-kan.com All Rights Reserved.